相続税の計算方法

| 未分類 |

相続税の計算方法は複雑ですが、おおむね次のような方法をとって計算していきます。
まず、相続財産の総額から課税対象となる遺産総額を算出します。ここでいう相続財産の総額とは、不動産や自動車、預貯金などといった本来の相続財産だけでなく、みなし相続財産、相続時精算課税対象財産、相続開始前3年以内の贈与財産の3種類の財産も含めた金額のことを指します。そして、この相続財産の総額から葬式費用と債務の分を差し引き、さらに基礎控除額を差し引いたものが課税対象となる遺産総額ということになります。
次に、課税対象となる遺産を各相続人が法定相続分だけ相続したものと仮定して、各相続人が相続する金額を算出します。そして、速算表で各相続人の税額を求め、これを合計して税の総額を算定します。
税の総額がわかったら、今度は各相続人が納付する税額を算定します。これは、税の総額を実際に相続した課税財産額で按分した後、税額控除や税額加算が適用される場合はその金額を増減すれば求めることができます。
納付税額の計算は自分でやろうと思えばできないことはありませんが、申告内容に誤りがみつかると修正申告や更正の請求の作業が追加される可能性があります。滞り無く申告作業を終えたいのであれば、税理士などに依頼して作業をやってもらうと良いでしょう。