みなし相続財産とは、本来の相続財産ではないが、被相続人の死亡によって相続人が得た財産のことです。生命保険金や損害保険金などの死亡保険金、死亡退職金、功労金、生命保険契約に関する権利、個人年金など定期金に関する権利、借金の免除など遺言によって受けた利益などが、これにあたります。通常の相続財産同様、相続制を課せられますが、一定額までは非課税財産として控除されます。生命保険金、死亡退職金の基礎控除については、次のようになります。
生命保険金は、契約者が被相続人に相続税になります。ただし、保険金受取人が相続人なら相続と見なされて非課税枠がありますが、保険金受取人が相続人以外なら遺贈と見なされますので非課税枠はありません。相続税の対象となる保険金については、「500万円×法定相続人の数」が非課税財産になりますので、各相続人が受け取る金額は、「各相続人が受領した保険金額ー(500万円×法定相続人の数×各相続人が受領した保険金額/相続人全員が受領した保険金額合計」になります。
死亡退職金では、各相続人が受け取る金額は、「各相続人が受領した金額ー(500万円×法定相続人の数×各相続人が受領した金額/相続人全員が受領した金額合計」になります。