相続税は次のように計算します。
まずは、正味の遺産総額を求めます。相続財産に、死亡時退職金や死亡保険金などのみなし相続財産、相続時精算課税対象財産、相続開始前3年以内の贈与財産を加えた「相続財産の総額」から債務、葬式費用、墓などの非課税財産を控除します。これが正味の遺産総額になります。
次に、課税遺産総額を求めます。これは、正味の遺産総額から基礎控除(3000万円+600万×法定相続人数)を差し引いたものです。これを各相続人が法定相続分に応じて取得したものとして金額を求めて、その金額に対する税額を算定します。この税額の合計額が相続税の総額になります。相続財産を実際に分割した割合には関係なく、あくまでも計算上で算定していくものです。
最後に、求めた総額を、各相続人が実際に取得した課税財産額で按分した跡に、配偶者控除、贈与税額控除、未成年者控除、障害者控除、相次相続控除、外国税額控除などの税額控除を差し引くと、各相続人が納める相続税の額となります。
例えば、課税される遺産が1億円で妻と長男、次男が相続人の場合には、法定相続分で按分して、妻5000万円、長男次男それぞれ2500万円として税額を求めます。税額の合計は1450万円になり、これを実際の遺産分割の割合で按分します。妻50%、長男30%、次男20%で分けたすると、それぞれの税額は妻725万円(配偶者控除で0円)、長男435万円、次男290万円が税額です。