ひまわり相続税額の算出方法は複雑と思われがちですが、ポイントを押さえておくと自分でもある程度の計算ができます。まず知っておくべきは、非課税となる基礎控除額の計算方法です。平成27年1月1日より法律が改正され、基礎控除額が大幅に変更になり「3,000万円+600万円×法定相続人数」が控除額となります。税額計算は正味の遺産総額を算出することから始めます。預貯金や株式などの有価証券、土地や建物などの不動産、生命保険金など相続した遺産の総額から、借入金、葬儀費用を差し引くことで正味の遺産総額を求めることができます。さらに、その金額から基礎控除額を差し引くことで課税遺産総額を算出できます。このとき、生命保険金や死亡退職金には非課税枠が別途設けられておりますので、その金額も差し引く必要があります。このあと法定相続分で按分したものに、各人それぞれの金額に応じた税率を乗じ、控除額を差し引いたものが各人が納める相続税額となります。このように、どういった資産に控除額があるかを把握しておく必要があります。また、税率や控除額は相続税の速算表を使うと便利です。ここでも法律の改正によって税率や控除額が変更となっていますので十分に確認して使用しましょう。