» 未分類のブログ記事

財産の贈与が行われた場合には、贈与税を支払わなければいけません。相続税だけでは生前に財産を全て贈与してしまうと課税出来なくなりますので、この贈与税の徴収制度があります。
課税方法は暦年課税と相続時精算課税の2種類があります。暦年課税は1年間の贈与額が110万円を超えた場合に課税となります。
相続時精算課税の適用条件は贈与者が65歳以上の親で受贈者が20歳以上の子である推定相続人である必要があります。この課税制度を利用するには課税制度を選択する旨の通知書と贈与税の申告書を税務署に提出しなければいけません。相続時精算課税制度は生前贈与時の税負担を軽くして親から子へ財産を移転しやすくするための制度です。この課税制度を選択することにより、まず贈与額が特別控除2,500万円を差し引いても上回った場合に贈与税が課税されますので納付をします。その後贈与者が亡くなった時に生前に贈与した金額も含めて遺産相続の相続税の金額を求めます。そして相続税額から以前に納付した贈与税額を差し引いた金額を納付もしくは還付することとなります。この時に相続財産に加算される贈与財産の価格は、贈与を受けたときの金額が課税評価額となります。

みなし相続財産とは、本来の相続財産ではないが、被相続人の死亡によって相続人が得た財産のことです。生命保険金や損害保険金などの死亡保険金、死亡退職金、功労金、生命保険契約に関する権利、個人年金など定期金に関する権利、借金の免除など遺言によって受けた利益などが、これにあたります。通常の相続財産同様、相続制を課せられますが、一定額までは非課税財産として控除されます。生命保険金、死亡退職金の基礎控除については、次のようになります。
生命保険金は、契約者が被相続人に相続税になります。ただし、保険金受取人が相続人なら相続と見なされて非課税枠がありますが、保険金受取人が相続人以外なら遺贈と見なされますので非課税枠はありません。相続税の対象となる保険金については、「500万円×法定相続人の数」が非課税財産になりますので、各相続人が受け取る金額は、「各相続人が受領した保険金額ー(500万円×法定相続人の数×各相続人が受領した保険金額/相続人全員が受領した保険金額合計」になります。
死亡退職金では、各相続人が受け取る金額は、「各相続人が受領した金額ー(500万円×法定相続人の数×各相続人が受領した金額/相続人全員が受領した金額合計」になります。

花01遺産を相続または遺贈により取得した場合には相続税が課せられます。その相続税の課税評価額の算出方法は対象となるものによって異なってきます。
まず土地は路線価図を用いて評価する土地ごとに応じた調整を行い算出します。路線価が定められていない地域の場合は固定資産税評価額に国税局が公表している一定の倍率を掛けて算出します。
農地についても固定資産税評価額に一定の倍率を掛けて評価します。
住居の場合は固定資産税評価額がそのまま相続税の評価額となります。
上場株式は相続開始日の終値、相続開始日の月の毎日の終値の平均額、相続開始日の前月の毎日の終値の平均額、相続開始日の前々月の毎日の終値の平均額の内、最も低い金額が評価額として採用されます。
非上場株式の評価は少し複雑です。まず同族株主の場合は株式を発行している会社の従業員数や売上高などにより3つの区分に分けられる原則的評価方式が採用されます。同族株主以外の場合は配当還元方式により評価します。
生命保険金や死亡退職金は受け取った金額から500万円に相続人の数を掛けた金額を差し引いた額が評価額となります。
一般的な動産に関しては同程度のものを評価する時点において再度購入する場合の価格が評価額となります。

相続人となる人は法律で決まっています。配偶者は常に法定相続人で、子供、孫、ひ孫がいる場合には一緒に法定相続人になります。子供、孫、ひ孫がいない場合には故人の父親と母親は祖父母が法定相続人です。父親、母親、祖父母がいない場合には兄弟姉妹が法定相続人になります。それぞれ順位がありますので、順位の違う親族が同時に法定相続人なることはありません。法定相続人が確定したら相続税の計算に入ります。法定相続人の人数に600万円をかけて3000万円を足した金額までは納税の義務は愛ありませんので、税務署に申告する必要もありません。不動産や預貯金などの資産が多くあっても、借金などの負債を引いた額で判断しますので、負債の方が多い場合も納税の必要はありません。課税させる相続財産から控除分を差し引いた金額に税率をかけると納税額が出てきます。1000万円までは控除分なし、税率10%です。3000万円までは控除分50万円、税率15%です。5000万円までは控除分200万円、税率20%です。1億円までは控除分700万、税率30%です。2億円までは控除分1700万円、税率40%です。3億円までは控除分2700万円、税率45%です。6億円までは控除分4200万円、税率50%です。6億円を超えている場合は控除分7200万円、税率55%となっています。

ひまわり相続税額の算出方法は複雑と思われがちですが、ポイントを押さえておくと自分でもある程度の計算ができます。まず知っておくべきは、非課税となる基礎控除額の計算方法です。平成27年1月1日より法律が改正され、基礎控除額が大幅に変更になり「3,000万円+600万円×法定相続人数」が控除額となります。税額計算は正味の遺産総額を算出することから始めます。預貯金や株式などの有価証券、土地や建物などの不動産、生命保険金など相続した遺産の総額から、借入金、葬儀費用を差し引くことで正味の遺産総額を求めることができます。さらに、その金額から基礎控除額を差し引くことで課税遺産総額を算出できます。このとき、生命保険金や死亡退職金には非課税枠が別途設けられておりますので、その金額も差し引く必要があります。このあと法定相続分で按分したものに、各人それぞれの金額に応じた税率を乗じ、控除額を差し引いたものが各人が納める相続税額となります。このように、どういった資産に控除額があるかを把握しておく必要があります。また、税率や控除額は相続税の速算表を使うと便利です。ここでも法律の改正によって税率や控除額が変更となっていますので十分に確認して使用しましょう。

相続税は次のように計算します。
まずは、正味の遺産総額を求めます。相続財産に、死亡時退職金や死亡保険金などのみなし相続財産、相続時精算課税対象財産、相続開始前3年以内の贈与財産を加えた「相続財産の総額」から債務、葬式費用、墓などの非課税財産を控除します。これが正味の遺産総額になります。
次に、課税遺産総額を求めます。これは、正味の遺産総額から基礎控除(3000万円+600万×法定相続人数)を差し引いたものです。これを各相続人が法定相続分に応じて取得したものとして金額を求めて、その金額に対する税額を算定します。この税額の合計額が相続税の総額になります。相続財産を実際に分割した割合には関係なく、あくまでも計算上で算定していくものです。
最後に、求めた総額を、各相続人が実際に取得した課税財産額で按分した跡に、配偶者控除、贈与税額控除、未成年者控除、障害者控除、相次相続控除、外国税額控除などの税額控除を差し引くと、各相続人が納める相続税の額となります。
例えば、課税される遺産が1億円で妻と長男、次男が相続人の場合には、法定相続分で按分して、妻5000万円、長男次男それぞれ2500万円として税額を求めます。税額の合計は1450万円になり、これを実際の遺産分割の割合で按分します。妻50%、長男30%、次男20%で分けたすると、それぞれの税額は妻725万円(配偶者控除で0円)、長男435万円、次男290万円が税額です。

課税遺産総額の算出方法

| 未分類 |

バラ03まず第一に行うべき事は相続人各人の課税価格を算出しなければなりません。算出式は、各人の課税価格=相続財産+みなし相続財産+相続開始前3年以内の生前贈与財産 -非課税財産-債務控除により導き出されます。計算式から分かるように被相続人の相続財産には死亡時の財産だけではなく、みなし相続財産や生前贈与財産も含まれます。みなし相続財産とは、被相続人が加入していた生命保険から支払われる生命保険料や退職金等が含まれます。生前贈与財産も被相続人死亡の相続手続き開始3年前のものからが贈与税の対象に含まれます。そうして算出された金額から、非課税財産(お墓や仏具、生命保険金や退職金の中で法定相続人の人数に500万円を乗じた金額)と債務費用(葬式代や非相続人の借金等で現存する金額)を差し引き求められます。次に法定相続人の人数の確定ですが、配偶者と子どもの人数の合計が法定相続人の数になります。その中で相続放棄をする方がいたとしても、法定相続人を計算する際には加算された人数で確定します。配偶者に実子が3人いた場合で実子の1人が相続放棄をしても法定相続人は4人で計算されます。養子に関しては実子がいれば1人まで、実子がいなければ2人までが実子として認められます。最後に、課税遺産総額は各人の課税価格の合計から遺産に係る基礎控除額(5千万円+1千万円に税法上認められた相続人の人数を乗じた金額)で求められます。

バラ02人間が亡くなりますと、その人の所有していた財産は、法律に規定されたとおり、配偶者や子供などが相続いたします。
この財産の移転に伴って、相続税が課税されるのです。
仮に、遺贈や死因贈与であっても、税金としては、贈与税ではなくて相続税として課税されます。
相続税の総額や各相続人の相続税の負担額の計算方式も、税法で明確に決められています。
まず最初に、課税価格の計算をし、各人の課税価格を計算して、そして、それを合計することになります。
ただし、もし、相続税の申告期限までに、財産分割の方法、すなわち、誰がどの財産を取得するかが決まっていない場合は、相続人が法定相続分に応じて取得した形にして、ひとまず、各人の課税価格を計算 します。
相続財産の多くは、土地や家屋等の不動産が占めています。
相続税の計算にあたっては、「路線価による評価額」及び「固定資産税評価額」を使った「倍率方式」による課税評価額を用いることとなっています。
路線価とは、所有する土地が面した道路に振られている、その土地の1㎡当たりの価格、つまり路線価に、地積を乗じて土地の評価額を算出するやり方です。
なお、路線価が振られていない地域に関しては、「固定資産税評価額」に、その地域ごとの倍率を乗じて、土地の評価額を計算いたします。

相続税の計算方法

| 未分類 |

相続税の計算方法は複雑ですが、おおむね次のような方法をとって計算していきます。
まず、相続財産の総額から課税対象となる遺産総額を算出します。ここでいう相続財産の総額とは、不動産や自動車、預貯金などといった本来の相続財産だけでなく、みなし相続財産、相続時精算課税対象財産、相続開始前3年以内の贈与財産の3種類の財産も含めた金額のことを指します。そして、この相続財産の総額から葬式費用と債務の分を差し引き、さらに基礎控除額を差し引いたものが課税対象となる遺産総額ということになります。
次に、課税対象となる遺産を各相続人が法定相続分だけ相続したものと仮定して、各相続人が相続する金額を算出します。そして、速算表で各相続人の税額を求め、これを合計して税の総額を算定します。
税の総額がわかったら、今度は各相続人が納付する税額を算定します。これは、税の総額を実際に相続した課税財産額で按分した後、税額控除や税額加算が適用される場合はその金額を増減すれば求めることができます。
納付税額の計算は自分でやろうと思えばできないことはありませんが、申告内容に誤りがみつかると修正申告や更正の請求の作業が追加される可能性があります。滞り無く申告作業を終えたいのであれば、税理士などに依頼して作業をやってもらうと良いでしょう。