バラ01相続税と言うものは自分で計算することが可能です。基本的には遺産の総額はプラスの財産から非課税資産、マイナスの資産、葬儀費用を差し引いたものであると言えます。この仕組みを理解しておけば相続に関する具体的な金額を知ることが出来ます。
まずプラスの資産と言うのは現金や不動産、株式、生命保険など価値のある資産のことを意味します。不動産化価格や株価など変動するものもありますが、大体の金額であれば判断できると言えるでしょう。次に非課税資産と言うものは墓地や仏壇に加えて公益事業に使われている物、そして法定相続人の人数かける500万円までの生命保険です。そして借入金や返済途中の借金をマイナスの資産として差し引く必要があるでしょう。不動産であっても分割払い中であればマイナスの試算になる倍もあるのです。そして葬儀費用ですが、これは相続の税額から控除が可能です。この様な数字がまず必要になります。
この数字を把握すれば、後はインターネット上のシミュレーションツールで大体の金額を把握することが出来ます。細かい部分は実際の手続きを踏まなければわかりませんが、どのような資産があるかについては正確に把握することが重要であると言えるでしょう。